病気の予防

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

葉酸は病気の予防に役に立つとされています。たとえば、葉酸は赤血球を作り出すことができます。これによって、悪性貧血を予防することができるのです。特に女性の方や妊婦は貧血で苦しんでいることが多いです。貧血は鉄分が不足しているのが原因とされているのですが、それだけではなくて葉酸が不足することによって、貧血になってしまう可能性もあるのです。そのため、きちんと貧血を摂取することは大切です。

つわり妊婦の方はつわりに苦しんでいるケースが多いです。このつわりを緩和させるのにも役に立つのが葉酸です。葉酸はビタミンB6と一緒に摂取することによって、つわりの症状を軽くすることができるのです。

また、葉酸にはうつ病を改善させる効果があるとされています。うつ病予防にも役に立つという報告もあります。これは実際に調査をしてみると、うつ病の症状のある患者の大部分が葉酸不足になっていたという結果が出ているのです。そのため、葉酸をきちんと摂取することによって、うつ状態が改善されるかもしれません。

葉酸は胎児が病気や障害を持ってしまうことを予防する効果があります。もし葉酸が不足してしまうと神経管閉鎖障害になってしまうリスクが高まるため注意しましょう。